上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



/ポケモン

ナマズン進展せず。

というか、ポケモン自体を起動していない罠。

体調がやっとこさマトモになってきたので、
バトレボの動画でも見ながら、のんびり進めたいと思います。



/おまけ

都内で、年に二度開かれる「文学フリマ」というイベントがあります。
純文学に近い同人誌の即売会です。
同人誌と聞くと印象は悪そうですが、ぶっちゃけ自分も相当悪いイメージがありますが、
一部、こういった本物の純文学を取り扱っているものもあります。
過去の文豪たちも、持ち寄った自作の小説を同人誌に載せていたのは有名なお話です。
今ではこのようなジャンルはだいぶ少なくなり、
東方やひぐらしのようなジャンルが目立つようになりましたが。
そもそもあれですね、
夏と冬に開かれてるビッグでサイトなイベントが一般の方には受け入れられないようで。


そこに、ちょこちょことサークルとして参加したり、
委託販売させていただいたり、
時には働かせていただいているのですが、
すっかりと忘れていたのが、2年ほど前に出した本のこと。

推理物、いわゆるミステリーサスペンスな物語だったのですが、
ページの都合上というオトナの残念な理由で、
上下巻ということになってしまいました。

締め切りぶっちぎって原稿を落としたわけではありません。断じて。
上巻すら印刷所へ頭を下げて無理やりねじ込んだ思い出があるようなないような気もしますが、
恐らく、文字通り、気のせいでしょう。


ということで、さすがにそろそろその解決編を出しておかないとなぁ、と思い、
少しずつ書いていたのが、早くも今日、完成しました。
誤字脱字の修正と、気になった部分の加筆修正を済ませるのみです。
ラノベやゲームと違って堅苦しいテキストは、
自分まで肩凝りそうなので見るのも嫌なんですが…。

いくらミステリー本で続きが気になるジャンルであるとはいえ、
とても有名なサークル様ならともかく、
自分如きのテキストで続きを待っていてくれる方がいるのかは甚だ疑問で、
答えを聞くのは逆に怖いので敢えて問いませんが、
一応、次の12月のフリマには出そうと思います。


以上に該当する本を、次のフリマで見かけましたら、是非、ご連絡ください。

委託なり、サークル参加なり、したいとは思ってます。たぶん。



2009.06.17 Wed l 日記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。