上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



/レス

>アズキさん

いや!だからボクは健全なる一般人ですって!

あら、もしかして、アズキさんは長崎のご出身で?
なんか妙に同じ単語が含まれている気がしますが気のせいですよね、ええ。

実況者まとめサイト…。
ううん、時間があったら、プレイスタイルの参考がてら作ってもいいのですが、
そういうのってwikiっぽくしなきゃダメなんですよねぇ…。
ピアカスwikiあたりでも参考にして作ってみますかね…。



/ポケモン

大体の役割と技構成、持ち物などを決めました。


あのパスだと、どうしてもフルアタになりがちで、
誰を受けにするか、苦手なタイプをどうするか、どうすれば面白くなるか、
あたりが、メジャーな分、非常に難しいところです。


とりあえず、完成してからのお楽しみです。

それにしてもあのパス、
どう頑張っても霰パにフルボッコにされることに気づきましたが、
そこらへんは敢えて気にしないことにします。


水・氷タイプあたりが本当に厳しい。
特殊受けに加えて眠る持ちのシャワーズなんかは積んでる気がしますが…。




/お金のお話

どうやら、見てる限りだと、
そこそこ“そーゆーゲーム”をやってる方が多そうなのでここで一言。
“どーゆーゲーム”なのかはご想像にお任せします。



ニコニコで、ふと前に自分たちが出したアルバムタイトル検索してみたら、
普通にアルバム全曲あがっててホットミルク吹いた。

もしや…いや、まさかね…。

と思ってゲーム名入れてみたら、
本編のトゥルーエンドまでのプレイ動画があがってて怒りが有頂天に達した。

いや別にそんなには怒ってないけど。
ちょっぴり残念なだけで。
製作に携わった1年の価値が下がるだけで。
買わずに見る、その程度の価値しかないのかと思うだけで。
だから、ほんのちょっぴり寂しいだけです。



落ち込んでいる暇はなく、
次の夏に向けて新作のシナリオを執筆中というかそろそろ終わりそうですが、
せっかくなので、今回のゲームの予算について、とか。誰得だよこの記事…。

同人サークルとして製作するのと、
企業として製作するのとでは、恐ろしいまでにかけるお金が違うことをご了承ください。
ついでに現時刻4時半、このまま徹夜コースにつき、
テキストの破綻及び理解に欠ける構成がありそうです。ごめんなさい。


平気で「すげえwww」とか言ってヘラヘラ笑ってるけど、
そのオープニングムービー、いくらしたと思ってんの?


100万だよ!100まんえんだよ!


こういうゲームのOPはね!


一秒一万円なの! すっごい高いの!


リトバスのOPとかどうなってんの!

あれ、めっちゃ長いんだけど!


基本的に“そーゆー”ゲームのムービーはそれくらいの値段が相場のはずです。

最近、ぬるぬる動くムービーで流行っているようで、
何所とは言いませんが、大手ブランドが作るOPなんかはもう少し値段があがるんじゃないかな。
おおよそ100秒で300万くらいじゃないでしょうか。
最高で1000万円なんてのも見たことあります。


アルバムはそう高くありませんが、それでも数10万円かかってます。
曲の製作、演奏、収録などすべて含めれば、それなりのお金がかかります。


せっかくなので羅列してみました。
自分のトコに限ってのお話です。


イベントイラスト(原画・CG含む):1万2000円前後
立ち絵(原画・CG含む):5000円前後
背景:1万2000円~1万5000円付近
シナリオ:1000円/1KB、これは恐らくどこも共通
BGM:2万円前後
主題歌:ピンキリ、前回のは25万円程



プログラムやスクリプト命令あたりは省略。

企業側が外注に出す若しくは社内担当ごとに出すお給料はこのくらい。
イラスト関連のデフレ化が深刻で、昔はこの2倍くらいあったのですが…。
絵を描くなんて誰もができるわけじゃなくて、
どちらかといえば専門領域に入るはずなのにこの安さ。そりゃ生きていけません。

単価計算だとこれくらいですが、
もう一つ、グロス計算というものがあります。メタグロスじゃないよ。

グロス計算というのは、ある一つのプロジェクトに対して支払われる報酬のことで、
要するに、この仕事につきこれこれの報酬、といった計算方法です。
単価計算のようにイラスト1枚ごと、というわけではなく、
このゲームのイラスト全部でこのお値段、というわけです。

グロス計算の場合、プロジェクトの大きさによって左右されるので一概には言えませんが、
ライターに限って言えば、おおよそ130万円くらいでしょうか。
最近は何人かに分かれてやることも多いので、そうするとその分だけ減らされます。



広報、営業、製作費の合計は、
おおよそ550万円といったところでしょうか。
人件費がカットされた後のことですから、
昔はもう少し高かったと思います。

利益はさすがに企業秘密なので言えませんが、
一応、4000本ほどでも十分な黒字は出てくれます。

4000なんてまず売れませんが…。


というか、こんなベラベラ喋ってたら、自分、消されるんじゃないかな…。

まぁ、こんなページ、誰も見ていないので大丈夫でしょう。




そんなこんなでお金のお話。本当に誰得でしょうね…。

いずれにせよ、割れ厨はもちろん爆発すればいいと思ってますが、
サウンドノベルに限ってはプレイ動画とかをあげるのも論外です。

アニメーターが死ぬ、とよく言われているように、
こちらの業界というのは相当にお給料が低いです。
年収130万くらいじゃないかしら。

どこぞの型月や曲芸、鍵、葉あたりの原画レベルじゃないと間違いなく生活できません。
ちなみに、話がわからない人はググらないほうが幸せです。




で、Rewrite、いつ出るの?




…朝6時。

いくら春休みとはいえこれは酷い。




2010.02.08 Mon l 日記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。