上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



/ポケモン

現在、色イーブイ国際孵化62匹目。

スローペースな孵化作業です。アグノムやりたいなー。



/日記

昨年の12月の中旬、
確か、材料力学という授業のテストの前日の日曜日のこと。

そのとき、一人暮らし先のマンションの下で、
いつも遊んでいた野良猫の一匹がお星様になりました。

その日は、それ以降、勉強する気が全く起きず、
だからといってすることも見当たらず、眠ることもできず、
それでも、その子に怒られるのは嫌だったので、テストだけは精一杯がんばりました。

他の野良は、まだ下に住みついています。6匹くらいいるかなぁ…。


はて、今日、近くの、幼い頃から世話になっていた喫茶店に行ってみたのですが、
マスターの双子のお子さんの兄妹が、とてとてとやってきて、嬉しそうに顔をほころばせて笑っていました。



「あのねー。うち、猫を飼ったのー」


おや。二階にいるの?


「来る? 見せてあげる!」


見せたいだけでしょうに…。いえいえ、ちゃんと行きますってば。


せっかく淹れてもらったコーヒーをカウンターへ置いたまま、二階へ向かいます。


そこで出迎えてくれた子猫。

白黒のまだら模様を身に纏い、壁の角にちょこんと顔だけ出して佇んでいます。



…どこかで、見たことがあるような?



近寄ってみると、その子は駆け足で逃げ出してしまいます。


お兄ちゃんと妹さんが仲良く捕まえてきて、その子猫を見せてもらいます。



それはもう、生まれ変わりかって言うくらい、そっくりさんな子猫でした。


まだら模様もとてもよく似ているし、警戒心むき出しなところもそっくりです。



ところで、この子の誕生日は?


「んー。いつだっけ?」


「12月14日でしょ! 私たちと一緒の誕生日!」


…12月、14日?


一人暮らし先で息を引き取った野良猫の命日も、また、12月14日。


…お名前は?


「クーちゃん」


女の子?


「ううん、男の子」


そう。…そういえば、あの子も男の子だったなぁ。



生まれ変わりとか、そういったことは特に信じてはいなかったのですけれど、
こういったことも信じたくなっちゃうような、不思議で素敵な出来事でした。


あの子と同じだったとしても、そうでなかったとしても、
幸せな生涯を、温かな家庭で迎えてくださいね。



この子猫をまじまじと見たら、涙が出そうになったのでトイレに駆け込んだのは内緒。




2009.03.25 Wed l 日記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。